中庭という自然空間のある暮らし

INTERIOR

中庭という自然空間のある暮らし

DEC.15.2020

外の視線を遮り、自由気ままにアウトドアライフを楽しめる中庭。青空の下、光がめぐり、風がそよぐさわやかな自然空間は、日常に豊かな開放感をもたらしてくれます。美しい草花が目を楽しませてくれる潤いのあるガーデンも憧れの的ですが、シンプルにタイルと植栽をバランスよく取り入れた、ローメンテナンスのスタイリッシュガーデンも素敵です。住まいのデザインと暮らし方に合った中庭の魅力をご紹介します。

一日中光が満ちる、スタイリッシュな中庭。

199_content_01.jpg

「中庭は欲しいけれど、庭の手入れまでは難しそう。」と思われている方も少なくないはず。そうした場合は、タイルと植栽スペースをバランスよく取り入れ、植栽部分は水やりが必要ない自動散水システムを導入するとよいでしょう。中庭の主役にはシンボルツリーを植えると、光の中で季節の移ろいを楽しむことができます。さらに、日が暮れた時には鮮やかな緑が浮かび上がり、中庭全体がぬくもりに包まれるよう、ライトアップの照明を設えると効果的です。この家の場合は、中心にお気に入りのジューンベリーを植えました。ゆったりとした時間が流れるリビングをはじめ、ダイニングやキッチンのどこからも光と風に揺れるシンボルツリーを眺めることができます。ジューンベリーは花も実も楽しめ、眺めているだけで心が癒されるそうです。

どの空間からもつながっている、「ロ」の字型の中庭。

199_content_02.jpg

建物の中心に設けた「ロ」字型の中庭は、どんなに大きな開口部を設けてもプライバシーが守られ、どの空間からも光や緑を感じることができます。この家は、玄関ホールに一歩入ると、シンボルツリーのトネリコが風にそよぐ中庭に面し、光に満たされます。ホームオフィスを兼ねたリビングは、スキップフロアで中庭を見下ろす位置にあり開放感に包まれます。そして、ダイニングやキッチンからももちろん、2階にある浴室からも中庭が眺められ、隣接するバルコニーには植栽も施して癒しのスペースになっています。「空間を贅沢に楽しみたい、明るい家にしたい」というこの家のコンセプトを、「ロ」の字型の中庭が見事に叶えたといえるでしょう。

ガーデンパーティーが楽しめる、潤いの中庭。

199_content_03.jpg

199_content_04.jpg

季節の草花を育て、眺めるだけではなく積極的に日常を楽しむ「過ごすスペース」としての中庭。全天候型で耐候性、耐水性、速乾性に優れたオシャレなガーデンファニチャーを備えておけば、中庭は心地よいガーデンリビングになります。「さわやかな光と風に包まれてブレックファースト」「ほどよい木陰で、ゆっくりと読書にふける」「星空を眺めながらのカフェタイム」など、屋外ならではの過ごし方がいろいろ満喫できそうですね。
リビングやダイニングなどの延長として利用できる中庭は、注文住宅だからこそ叶えられるアウトドア空間です。ぜひ、モデルハウスで体験いただき、ご自身のライフスタイルに合わせて取り入れてみてはいかがでしょう。

一日中光が満ちる、スタイリッシュな中庭。
https://www.mitsuihome.co.jp/home/works/case33/index.html

どの空間からもつながっている、「ロ」の字型の中庭。
https://www.mitsuihome.co.jp/home/works/case35/index.html

ガーデンパーティーが楽しめる、潤いの中庭。
https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/philcourt/index.html

SHARE

MAIL MAGAZINE

暮らしの情報を毎月お届け